2014年9月22日月曜日

鍼灸

気がつけばブログも5月から更新が。。。
前股関節症から止まってるではないか。
あれから6月頃から痛みがひどくなり、
日々の忙しさと気持ちもそれどころではなかったかもしれません。
整形外科の治療はあてにならない感じなので
7月頃から思い切って鍼灸の治療院通いをしています。
幸い近くで細かく身体全体の不調を観て頂ける治療院だったので
少しずつよくなってきています。

そして改めて鍼灸の気の流れの理念に感心しました。
原因は前股関節症だけではなく
仕事の目の疲れによる身体の筋肉疲れ、
それに伴って腎臓や胃腸の機能の低下、精神的ストレス
長時間デスクワークでの股節の血の滞りで
下半身がむくみ、冷えでの筋肉が固まる言う事らしい。
こういうのはだれでも結構ありそうですよね。。
年齢もあるのかもしれませんが、仕事はいくらきつくても
なるべく楽しく感じるようにしていたのですが身体は違ったようです。

いつも脳や目を使い続ける事が多いので
常に頭はぼーっとした感じで首の後ろや頭だけが熱が
こもり、下半身に血が行き渡らない悪循環の気の流れをつくってるらしいです。
すぐに死に至らなくても脳溢血や心筋梗塞になりかねない状態を作るらしい。
精神的なストレスって気持ちと裏腹に身体が拒絶反応を起こして
いろんな形で現れる事があるけど、筋肉強張りも結構あるらしい。
性格はなかなか治らないかもしれないけど、この仕事はずっと続けたいし
息抜きの仕方と年齢に合わせて生活自体を考えないといけないのかなぁと
考えさせられるきっかけになりました。
治療費は保健適用外なのでかなり仕事のギャラと釣り合いが取れませんが(苦笑)
転々と病院を変えて初期料金を払うなら
しっかり診て頂ける治療院が一番だと思いました。
まだ、やりたい事はいっぱいあるし。。。(笑)

これから寒くなるので今日の治療では冷えでうずいた状態になっていと。。診断
カイロで足の裏と足首の内側の骨のところを暖めての冷え防止を教えてもらいました。
そして、歩く事も大事。
股関節を使いすぎての痛みと治療と繰り返しながら徐々に狭まり、
いつかは治るのも夢ではない♪
いい先生に出会えて本当に感謝です。




----------------------------------------------------------------
大間原子力発電所の開発が進められてる青森県下北半島の端にある

小さな町にある”あさこはうす”さんにお手紙を→詳細ブログ